長崎リハビリテーション病院について

理事長挨拶・理念

理事長挨拶

一般社団法人是真会 理事長 栗原 正紀

わたしたちは、急性期(救急)治療により、病態の峠を越えた脳卒中等の患者さまに対して、多くの専門職がチームとなって、集中的にリハビリテーションサービスを提供いたします。そのことで生活機能障害を克服し、住み慣れた地域で安心した生活が送れるように支援していく所存です。亜急性期医療の場として適時・適切なリハビリテーションサービスが、継続的に提供されるように、急性期(救急)と在宅維持期の架け橋としての役割を果たし、地域医療に貢献することが、わたしたちの使命だと考えています。

一般社団法人是真会 理事長 栗原 正紀

理事長プロフィール

学歴
昭和53年 長崎大学医学部卒業
職歴
昭和53年 長崎大学付属病院脳神経外科学教室入局
平成 2年 長崎大学脳神経外科講師
平成 2年 十善会病院脳神経外科部長
平成11年 十善会病院副院長
平成13年 近森リハビリテーション病院 院長
平成18年 社団法人是真会 理事長
平成20年 長崎リハビリテーション病院院長
役職
  1. 一般社団法人日本リハビリテーション病院・施設協会会長
     » 大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会(JRAT)代表
     » 全国リハビリテーション医療関連団体協議会代表
  2. NPO地域の包括的医療を考える研究会副理事長
  3. NPO長崎斜面研究会副理事長
  4. 厚生労働省医政局「チーム医療推進方策検討WG」委員
  5. 長崎回復期リハビリテーション連絡協議会代表世話人
  6. 長崎県脳卒中検討委員会委員

基本理念

  1. 質の高いリハビリテーションサービスを集中的且つ効率よく提供することで、地域に貢献します。
  2. 専門職が徹底したチーム医療を追求し、患者さまやご家族の満足度の高い医療サービスの提供を目指します。
  3. 地域連携を推進し、急性期(救急)医療および在宅維持期を支えます。
  4. 職員が誇りと責任を持って働ける、安心できる職場環境作りを行います。
  5. 地域に開かれ、地域から支えられる存在となれるように努めます。
このページのトップへ戻る

基本方針・職員業務指針

基本方針

質の高いチーム医療の提供
  • 各々の専門職の知識習得と技術向上
  • 患者さま中心のチームアプローチの追求
口のリハビリテーションの実現
  • 諦めないで口から食べることの大切さへの取り組み
集中的リハビリテーションサービスの提供
  • 適切なリハビリテーションサービスの効率的、集中的な提供
信頼関係に基づく強固な連携
  • 急性期(救急)病院や維持期施設、かかりつけ医とのパートナーシップの構築
地域リハビリテーションの展開
  • 地域包括ケアシステムの構築
  • 患者さまの社会参加実現への支援

職員の心得5か条

  1. ありがとう!いつも笑顔で!全てに感謝の気持ちを。
  2. 感性・想像力・アイデアを大切にしよう。
  3. 支える心と体そして知識と技術を共に育てよう。
  4. 聞く耳、考える頭、思いを伝える心を育もう。
  5. 誇りを持って楽しく仕事をしよう。
このページのトップへ戻る

施設概要

施設名 一般社団法人 是真会 長崎リハビリテーション病院
理事長 栗原 正紀
住所 長崎市銀屋町4番11号
電話番号 095-818-2002
FAX 095-821-1187
診療科 リハビリテーション科、脳神経外科、整形外科
入院(病床数等) 143床(全て回復期リハビリテーション病床)
指定病院 保険医療機関、労災保険指定医療機関、被爆者一般疾病医療機関、
生活保護法指定医療機関、結核予防法指定医療機関

各フロアのご案内はこちら

このページのトップへ戻る
長崎リハビリテーション病院トップページへ戻る
長崎リハビリテーション病院 コンテンツ 通所リハビリテーション 銀屋通り 看護師採用WEBサイト

長崎リハビリテーション病院トップ

銀屋町の紹介

長崎リハビリテーション病院について

回復期リハビリテーション

入院・外来のご案内

外来

入院

広報誌『ぎんやんにき通信』

アクセス

お問い合わせ

職員募集

一般事業主行動計画

敷地内禁煙

日本医療機能評価機構認定