• 当院のご紹介
  • チーム医療について
  • 求める看護師像
  • 看護師の一日
  • 先輩の声
  • 教育・支援体制

トップページ  >  教育・支援体制  >  段階別研修制度

教育・支援体制

段階別研修制度

長崎リハビリテーション病院では、看護師それぞれのレベルに合わせた研修段階を設定することで、無理なくスキルアップできる教育環境を整えています。

また、リハビリテーションという専門分野での勤務経験がない方も基礎から学びスキルアップしていくことが可能です。

  • レベルⅠ:基本的な知識・技術・態度を身につけ、安全な看護が実施できる
  • レベルⅡ:自部署における役割モデルを発揮し、リーダーシップがとれる
  • レベルⅢ:自己の目指す方向を決定し、看護の質の向上に貢献できる
  • レベルⅣ:専門領域において卓越した看護を実践し、組織的に広範囲な役割をできる

* 各レベルをクリックすると、より詳しい内容をご覧いただけます。

レベルⅠ

STEP.01

到達目標
  • ・指導や教育のもとで、基本的看護を安全に実施できる
  • ・チームメンバーの役割を知り、責任を果たすことができる
  • ・自己学習課題を見つけることができる

看護実践

基本的看護能力
  • (1)基礎看護技術の知識・技術態度をチェックリストにて確認できる
  • (2)夜間の看護業務内容が理解できる
  • (3)看護倫理について理解する
  • (4)提出物を期限内に提出できる
  • (5)自己の接遇を振り返る
根拠をもった実践能力
  • (1)当院の業務マニュアルを理解し、活用する
  • (2)ADL技術の習得
  • (3)BLS

STEP.02

到達目標
  • ・受け持ち看護師としての役割を知り、看護過程に沿った個別的ケアの実施ができる
  • ・看護実施の場で、自ら判断して適切な看護が提供できる
  • ・自己の学習課題に向けた活動を展開できる

看護実践

基本的看護能力
  • (1)受け持ち患者に合わせて個別的なケアが実践できる
  • (2)看護技術が正しく提供できる
  • (3)客観的データや身体上の変化を観察し、判断できる
根拠をもった実践能力
  • (1)受け持ち患者を通してアセスメント能力を養い、意図的な看護の関わりを実践し評価できる
  • (2)一年の振り返りを行い、他者に伝えることができる

STEP.03

到達目標
  • ・受け持ち看護師の役割を果たし、看護の実施を組織で実現できる
  • ・プリセプターシップを発揮して、後輩の指導ができる
  • ・リーダーシップを発揮して、看護チームの円滑な運営ができる

看護実践

基本的看護能力
  • (1)自己の課題とプリセプターの役割を学ぶ
  • (2)学生指導の視点が理解できる
  • (3)看護研究の意義と論文に求められる視点が理解できる
根拠をもった実践能力
  • (1)受け持ち患者を通して、自己の役割を理解し化学的にかつ客観的に評価できる

レベルⅡ

到達目標
  • (1)高度な看護実施の場面で根拠に基づいた看護が提供できる
  • (2)自部署の学習課題に向けた活動が積極的に展開でき、指導的役割を発揮できる

看護実践

基本的看護能力
  • (1)知識と経験を活かし、看護判断ができる
  • (2)多様なアプローチを組み入れてケアが実践できる
  • (3)患者急変時にリーダーシップを発揮し対応できる
根拠をもった実践能力
  • (1)研究における倫理的配慮と理論、文献を活用し先駆者の知見を習得できる
  • (2)効果的なプレゼンテーションと論文の作成ができる

レベルⅢ

到達目標
  • (1)複雑な課題に対して、論理的かつ実施的知識を統合して卓越した看護を提供し、
    所属を超えてリーダーシップを発揮できる
  • (2)自己のみならず組織的な教育・研究活動が主体的に実施できる

看護実践

基本的看護能力
  • (1)倫理的配慮や根拠に基づいた看護が実践できる
  • (2)他職種との連携において、リーダーシップが発揮できる
根拠をもった実践能力
  • (1)研究の成果を評価、改善、推進できる

レベルⅣ

到達目標
  • (1)質の高いサービスが提供できるためのマネジメントができる
  • (2)医療経済を理解し、積極的に病院運営に参画する

看護実践

基本的看護能力
  • (1)看護の問題(課題)を明確にし、問題解決指向ができる
根拠をもった実践能力
  • (1)研究の成果を看護実践に活用し、研究への意欲へつなげる
ようこそ!長崎リハビリテーション病院へ 看護師採用エントリー受付中!
看護師採用情報を見る
エントリーフォームへ

ページの先頭へ戻る