回復期リハビリテーション

地域医療連携

急性期(救急)病院から在宅・施設生活に至るさまざまな医療・介護・福祉サービスと強固な連携を結ぶことで患者さま・ご家族の安心した地域生活をサポートします。

地域医療連携

地域における回復期リハビリテーション病棟の位置づけ

超高齢化社会を目前にした今、リハビリテーション医療が急性期・回復期・維持期(急性期・亜急性期・慢性期)と切れ目なく継続されていくような地域のシステム作りが急務です。急性期医療が急速に入院期間(平均在院日数)の短縮化に向かっていく実情を考えたとき、亜急性期医療の場、そして生活再建の場としての回復期リハビリテーション病棟の位置づけは非常に重要なものになってきます。急性期(救急)医療を支えながらも、尚且つ適切に維持期に繋げることで、地域生活を支援していくという包括的地域ケアシステムの拠点としての役割を担っています。

地域との連携

どのように年老いてもまた障がいがあっても、住みなれたところでそこに住む人々と共に、一生安全に生き生きとした生活が送れるよう地域リハビリテーション活動の展開を行っていきます。

このページのトップへ戻る
長崎リハビリテーション病院トップページへ戻る
長崎リハビリテーション病院 コンテンツ 通所リハビリテーション 銀屋通り 看護師採用WEBサイト

長崎リハビリテーション病院トップ

銀屋町の紹介

長崎リハビリテーション病院について

回復期リハビリテーション

入院・外来のご案内

外来

入院

広報誌『ぎんやんにき通信』

アクセス

お問い合わせ

職員募集

一般事業主行動計画

敷地内禁煙

日本医療機能評価機構認定