個人情報保護方針

患者さまの権利の尊重
Respect for the rights of patients

患者さまにはどのような時・どのような状態においても、人として尊厳が守られる権利があります。その権利を大切に、患者さまが自己の意思で主体的に疾病や障がいを克服していただくようにわたしたちは願っています。また、わたしたちは、患者さま・ご家族との信頼関係に基づいた「患者さま中心の医療」を実践していきたいと思っています。

1.最善の医療

患者さまには、誰でも、最善の医療を公平に受ける権利があります。

2.人格の尊厳

患者さまには、その人格・価値観が尊重され、一人の人間として医療を受ける権利があります。

3.納得と合意

患者さまには、病気・障がい・検査・治療・見通しなどについて、分かりやすい言葉や方法で納得できるまで、十分な説明を受ける権利があります。

4.自己決定権

十分な説明を受けた上で、患者さまは治療方法などを自らの意思で選択し、決定する権利があります。

5.カルテの開示

患者さまには、自分のカルテの閲覧や複写、内容の要約や説明を受けるなど、診療記録の開示を求める権利があります。

6.プライバシーの保護

患者さまには、受診に関わる個人情報が守られ、プライバシーを乱されない権利があります。

7.研究的医療

患者さまには、薬の治験(新薬の臨床試験)や治療法が確立されていない医療について、その目的や危険性など十分な説明を受けた上で、その医療を受けるかどうかを決める権利があります。同時にどのような不利益をも受けることなく、いつでもその医療を拒否する権利を持っています。

8.選択の自由「セカンドオピニオンを聞く権利」

患者さまには、民間、公的部門を問わず、担当の医師、病院あるいは保健サービス機関を自由に選択し、また変更する権利があります。

患者さまへのお願い
Patients Precautions

医療は患者さまと医療従事者の信頼関係を基礎にした共同作業です。わたしたちは、患者さまの権利を尊重するとともに患者さまには以下のことを守っていただけるようお願い申しあげます。
1. 患者さま自身の健康に関する情報をできるだけ正確にお伝え下さい。

2. わかりづらい説明については、ご納得いただけるまでお尋ねください。

3. 全ての患者さまが適切な医療が受けられますよう、ご協力ください。

患者さまへのご協力依頼
Cooperation request

当院では、次世代を担う医療人の育成と、臨床医学の発展という社会的使命の実現に向かって、種々の職種における臨床研修を行います。また、日常診療における疫学調査並びに臨床成績調査を実施いたしますので、患者さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます。なお、個人情報に関する取り扱いについては、適正を図るよう努力いたします。ご承服いただけない方は、担当スタッフにお申し出ください。

臨床研究に関する情報の公開について
(オプトアウト)
Information Disclosure

通常、臨床研究を行う場合、文書もしくは口頭で説明を行い、同意を得て行われます。
臨床研究のうち患者さまへの侵襲や介入がなく、人体から取得された試料を用いず、診療情報などの情報のみを用いて行う研究については、国が定めた指針に基づき、対象となる患者さまお一人お一人から直接同意を得る必要はありませんが、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を通知又は公開し、さらに可能な限り拒否の機会を保障することが必要とされています。これをオプトアウトと言います。現在、当法人が行っているオプトアウトを用いた研究は下記のとおりです。
ご自分のデータが研究に使用されることを望まれない場合は、各研究の問い合わせ先までご連絡ください。

訪問リハビリテーションを2年以上継続している利用者の傾向 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中患者のサルコペニア改善とADL帰結および自宅復帰との関連 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中患者の入院1ヵ月後FIMは屋外歩行自立の可否を予測する 管理栄養士による居宅療養管理指導の実施状況と活動報告 回復期リハビリテーション病棟入院患者における低栄養、サルコペニアおよびその合併例のリハアウトカムに与える影響

個人情報保護方針
Privacy Policy

一般社団法人是真会(以下法人という)は個人情報保護の重要性を認識し、以下の方針に基づき個人情報保護に努めます。

1.個人情報の取得について

当法人は適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。

2.個人情報の利用について

当法人は、個人情報を取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。
当法人は、個人情報を第三者との間で共同利用し、または、個人情報の取扱を第三者に委託する場合には、当該第三者につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために、適正な監督を行います。

3.個人情報の第三者提供について

当法人は法令の定める場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。

4.個人情報の管理について

当法人は個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。 当法人は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などを防止する為、不正アクセス、コンピューターウィルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。当法人は、個人情報を持ち出し、外部へ送信するなどにより漏洩させません。

5.個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について

当法人は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等を求める権利を有していることを確認し、これらの要求ある場合には、異議なく速やかに応対します。尚、当法人の個人情報の取扱につきまして、ご意見、ご質問がございましたら当法人個人情報保護管理者までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

6.組織・体制

当法人は、個人情報保護管理者を任命し、個人情報の適正な管理を実施致します。当法人は役員及び従業員に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法について研修を実施し、日常業務における個人情報の適正な取り扱いを徹底します。

7.個人情報保護方針の策定・実施・維持・改善

当法人は、この方針を実行するため、「個人情報保護規定」及びその他の規定、規則を策定し、これを当法人従業者その他関係者に周知徹底させて実施し、維持し継続的に改善致します。